労働問題は「労働問題の事例と解決法」のセクハラ対策の取り組み

年ごとに増加するセクハラ問題が、マスコミなどにたびたび報道されると企業にとっても大きなマイナスイメージを被ることになります。特に女性層を顧客とする企業体では、その損害が金額では計れないものがあるといえるでしょう。
これから企業で働く側は、その企業がセクハラ対策に真剣に取り組んでいるかどうかを事前に調べておく必要があるでしょう。そして企業の幹部は、企業の存続を危うくしかねないセクハラ問題を未然に防ぐ方策を整備しておく必要があることはいうまでもありません。さらに、単に就業規定などにセクハラ対策を盛り込むだけでは不十分で、従業員にセクハラが大きな犯罪であることを周知徹底するべきでしょう。